HOME正倉院文様のトップ > 正倉院文様懐紙入れのページ        正倉院とその文様についての簡単な説明がご覧頂けます。 
懐紙は茶席などで出された菓子を包んだり、茶碗の飲み口を拭うために使うものです。この懐紙入れはその紙を入れるためのものですが、お好みに応じてハンカチ等の小物入れとしてもお使い頂けると思います。
       1:全体図                 2:中身を開いた図               3:刺繍部分拡大図 
    正倉院文様懐紙入れ・カラー展開6色
                                販売価格  各色¥3,990(税込)
↓各アイテムの名前をクリックして頂くと、商品ご紹介のページに移動します。
      金封袱紗のページへ     念珠入れのページへ
      懐紙入れのページへ     数寄屋袋のページへ
      手提げバッグのページへ     その他の小物のページへ
                          正倉院文様のトップへ戻ります
トップページへ インフォメーションへ コンセプトへ お問い合わせはこちらよりお願い致します  会社概要へ商品ご紹介のページへ
    トップページへ戻ります                       当HPの文章・画像の転載を禁じます
正倉院文様懐紙入れ・全体図 正倉院文様懐紙入れ・中身を開いた図 正倉院文様懐紙入れ・刺繍拡大図